自分でワックス脱毛

最近はワックス脱毛専門のサロンも増えており、当然VIO脱毛のメニューを選ぶこともできます。技術的には確かにプロのスタッフに任せた方が安心ではありますが、やはり恥ずかしいという方は多いのではないでしょうか。

 

ハニーワックスと呼ばれるソフトジェルはネットショップなどを利用すれば簡単に手に入れることができますし、自分でVIO脱毛に挑戦してみてもよいと思います。コツを飲み込めば比較的簡単にできますよ。

 

始めは皮膚の弾力が強い、ビキニラインから試してみるとよいでしょう。脱毛したい部分のムダ毛を短くカットします。汗や皮脂があるとワックスの粘着力が落ちるため、軽くシャワーで流しておくと効率よく処理ができます。

 

ソフトワックスを毛の流れに沿って塗り、その上から あて布で押さえたのち、今度は流れに逆らう方向へ引き剥がします。ソフトワックスは乾くのを待つ必要がないのでスムーズに処理を進めることができます。剥がした時に皮膚が引っ張られて痛いという方は、薄くベビーパウダーをつけてみてください。

 

奥のIラインは皮膚に弾力が乏しい部位です。そのため強い力が加わると皮膚が抵抗できず、毛穴を傷めてしまう場合がありますので、慎重に行ってください。広範囲を一度に処理しようとせず、あて布を小さく切って少しずつ処理していくとよいでしょう。抜くときに皮膚を手で押さえるとダメージを小さくすることができます。

 

その先はOラインになりますが、ここは自己処理しない方が無難です。肛門の周囲は排泄物が付着しやすいため、ちょっとの傷があっ ても雑菌が入って化膿するリスクがあります。自分では目視できない部位ですから、ワックス脱毛で毛穴や皮膚が傷つく恐れは高いです。ここだけは恥ずかしいのを我慢して、サロンに頼みましょう。

 

ハート型に処理されたりんご

 

慣れてきたら、Vラインの形を作ってみましょう。スクエア型や卵型などが人気ですが、ハート型や星型など遊び心のある形を作る方もいます。ワックス脱毛だと10日もすれば毛が復活しますから、気軽にさまざまな形を試すことができますよね。

 

整髪ジェルなどで毛に分け目をつけて形を作っておき、いらない部分をワックスで除去するときれいに形を作ることができます。